News & Events | 学科紹介 | コース紹介 | 分野紹介 | 専任教員紹介 | 研究教育設備紹介 | 学科へのアクセス | 教員公募 | 資格に関する情報 | 関連リンク | Open Research Center | 学科TOPページ |

専任教員紹介

教員名

   下岡 順直 (SHITAOKA YORINAO)
メールアドレス
   http://rissho-es.jp/staff.html#shimooka
職位 助教
学位 博士(文学)
研究室名 環境年代学研究室
研究室URL http://risedgeotour1.web.fc2.com/
最終学歴 奈良大学大学院文学研究科文化財史料学専攻博士後期課程 修了
所属学会 日本文化財科学会
日本第四紀学会
日本旧石器学会
日本考古学協会
日本環境教育学会関西支部
日本環境教育学会
日本地学教育学会
ルミネッセンス年代測定研究会
ESR応用計測研究会
日本地球惑星科学連合会
日本アイソトープ協会
宮城考古学会
社会的活動 NPO法人別府温泉地球博物館 会員
専門分野 古文化財科学(年代測定)
研究テーマ 1 熱ルミネッセンス(TL)年代測定
  光ルミネッセンス(OSL)年代測定
主に旧石器時代の年代測定および考古遺物の年代測定
ルミネッセンス年代測定法の基礎研究
ルミネッセンスを用いた考古遺物の被熱温度推定
参考文献:ルミネッセンス法、考古学ジャーナル『「年代」をどう測るか』、18-23、2018

2 七輪を用いたマグマ生成実験教材の活用
 ※随時、出前授業承っております。お気軽にご連絡ください
参考文献:七輪でマグマをつくる−身近なものを用いてマグマ形成過程を観察する−、地学教育、64、53-69、2011
 (2012年度日本地学教育学会学術奨励賞優秀論文賞受賞論文)

3 自然放射線の計測(第一種放射線取扱主任者免状;2009年取得)

4 埋蔵文化財の自然科学的分析
研究分野
キーワード
古文化財科学
熱ルミネッセンス年代測定
光ルミネッセンス年代測定
被熱温度推定
第四紀(人類紀)
堆積物(考古堆積物)
火山灰(鍵層)
環境教育(ESD、文化財教育、地学教育を含む)
主な学科
担当科目
地圏環境学実習(I期)
環境調査の基礎および実習(I期、分担)
地学実験A・B(II期、分担)
フィールドワークB(集中)
学修の基礎I(分担)
学修の基礎II(分担)



主な大学院
担当科目
環境システム学総合演習I・II(集中・分担)
地圏環境学実習および実験(集中)